酵素ジュースを自分でつくるときに使う水の注意点

酵素ジュースを自分で作る場合に使用する水の注意点として、まず水道水は使えない事があります。
酵素ジュースは、酵母菌の働きで果物等を発酵させたエキスです。

日本の水道水は水道法により、水の消毒の為に遊離残留塩素を0.1mg以上を保持しなければならないと定められています。
従って、この水道水で酵素ジュースを作ろうとしても、遊離残留塩素によって酵母菌は殺菌されてしまいます。
どうしても水道水を使いたい場合は、一度、沸騰させたり、浄水器を通す等の処理をして遊離残留塩素を処理をする必要があります。

しかし、体の健康に良い酵素ジュースを作る為には、美味しくて安全、そして体に良い水を使用するのが早道です。
名水100選に選定される様な、ミネラルや生命力に溢れた水は、体に良いだけでなく、有害物質が少ない為に、安心して飲む事ができ、しかも美味しい事が特徴です。

硬水でなく、軟水の方がいいと思います。普通に日本の水を買えば軟水なので安心してください。

酵素を使ったダイエットも流行ってますね。ちょっとまとめてみました。
>>人気の酵素ドリンクを比較してみました。