肉を食べないのは必須脂肪酸が摂取できないのでNG

ダイエットをする上で、肉類を食べなければ良いと思われる方もいると思います。
しかし必須脂肪酸というものがあり、不足すると体に不具合が出るものです。

この必須脂肪酸は体の中で合成することができないので、食事から摂取するしかありません。そのため全く肉類を食べないというのは良くありません。

摂取を控えたほうが良いのはトランス脂肪酸と呼ばれるものです。
これは動脈硬化や心臓病の引き金になり得る脂肪酸です。
マーガリン、ポテトチップス、フライドポテトなどに多く含まれるものです。
魚に含まれるEPAやDHAは、このトランス脂肪酸のような脂質を溶かし、流し去る働きがあり健康によいとされています。
そのためダイエットをする際は、適度に肉類を食べ、魚や野菜を中心とする食事にすると良いでしょう。

お米やパスタなどの炭水化物を抜くというダイエット法もあります。
糖尿病の方などが多く取り入れています。

ご飯をたべないと力が出ない!と思うかも知れませんが、しばらく続けるとタンパク質からしっかりエネルギーを摂取できるようになるそうです。

酵素を使ったダイエットも流行ってますね。ちょっとまとめてみました。
>>人気の酵素ドリンクを比較してみました。