歳をとるとゼロカロリー食品だと息が切れる!

10代から、しょっちゅうダイエットしている気がします。
あの頃は今ほどゼロカロリーの食べ物が販売されていなかったので、1つ見つけると買い占めて毎日食べていましたね。あのまずいゼリー。ぼそぼそした食感のこんにゃくラーメン。食べ残したりもせず、飽きもせず、よく食べていたなとあの頃の自分を褒めてあげたいくらいです。

ディスカウントショップのおじさんに、あんたのために仕入れてるんだよと声をかけられた時は、穴に入りたいくらい恥ずかしかったですが。。。

30代になるとゼロカロリーの食べ物ではおなかが満たされても、体が息切れするようになりました。
20代前半くらいまでは2食ゼロカロリーゼリーでも元気に動き回っていたんですけどね。
適度なカロリーを取るのが大切だということを今更ながら思い知っています。

また、カロリーを抑えた食品には人工甘味料が多く使われていますよね。
中には、太るなどの副作用があるものもあるそうです。
カロリーがゼロでも、甘いと脳が認識するとインスリンが分泌されて、太ってしまうという話も。

酵素を使ったダイエットも流行ってますね。ちょっとまとめてみました。
>>人気の酵素ドリンクを比較してみました。