復食もファスティングの大事なポイント

ファスティングを終えた後には、突然通常食に戻したりせず復食を行いますが、これには幾つかのコツがあります。ファスティングは、断食期間だけでなく、復食までまでを含めてファスティング期間と考えてください。

ファスティングでデトックスしていた状態で、突然に固形物を食べると、体調が崩れる場合もありますから、副食の一日目は、柔らかく煮て、固形物のほとんど入っていないスープか、雑炊やおかゆなどで出来るだけ健康的なものをお勧めします。
赤ちゃんが食べる離乳食だと思えば分かりやすいですよね。

ダイエット目的で食事を抜いていても、復食期間にあまり大量に食べると、せっかく減った体重もリバウンドしてしまうので、少量を食べ、復食期は、長期のファスティングでは長めにとってゆっくりと固形物を食べ始めましょう。

断食した日数と同じ期間を、復食期間にもかけるのが基本です。
復食を丁寧にしっかりと行えば、リバウンドしてしまう事はほとんどありません。

また、以前と同じ食事量に無理に戻す必要はありません。胃が小さくなっているなら、それにあった量を食べればいいんです。

酵素を使ったダイエットも流行ってますね。ちょっとまとめてみました。
>>人気の酵素ドリンクを比較してみました。