徒歩通学で痩せました。(20代女性)

私は高校生の頃、かなり太っていました。太った原因は運動不足です。
中学校に通っていたときは、校則で自転車通学が許可されない距離のところに住んでいたため、片道30分かけて徒歩で通学していました。
これが運動になっていたようで、当時は標準体重でした。

ところが、高校入学後は自転車通学になったので、歩くことが減りました。
私はスポーツが苦手で、部活動も文化部でした。そのため、体育の授業以外で運動することがなくなり、太ってしまったのだと思います。
しかし自分では太っているという自覚があまりなく、ダイエットの必要性も感じませんでした。

それが大学に入ると状況が変わりました。
大学から2キロくらいのところに住んでいましたが、坂道が多く、自転車で通うのは大変だったため、徒歩通学するようになったのです。
ところが、以前は苦にならなかった程度の上り坂でも息が切れてしまいます。

太っていると体力的に辛いということを、そのときはじめて自覚し、一念発起してダイエットを始めました。
幸い、徒歩通学をするようになって高校時代よりも運動量は増えていたため、食事を野菜中心に変えるだけで体重が減り始めました。

その結果、1年後には標準体重になりました。
やせてみると体が軽いし、体調も以前より良くなったように感じました。

大学卒業後は日常生活で運動することが減ってしまい、また体重が増え始めましたが、やせているほうが体力的に楽だと分かっているので、太らないよう気を付けました。
苦手だった運動も意識的にするようになり、標準体重を保っています。

私は外見はそれほど気にするほうではありませんが、体力面、健康面からは、やはり太らないほうが良いと実感しています。

酵素を使ったダイエットも流行ってますね。ちょっとまとめてみました。
>>人気の酵素ドリンクを比較してみました。