ファスティングのデメリットを考える

プチ断食、半日断食、週末断食と断食ブームが起きていますね。断食に伴うメリットが数多くあることは研究でも明らかになっていますが、反面で間違った断食をしてしまうことのデメリットも数多く報告されています。

まず、食べない=栄養がとれない=体に大きな負担がかかります。その点を考えるなら、回復に十分の栄養が必要な病気の人や普段以上に栄養豊かな食生活を心がけるべき妊婦さんが断食をすることは自虐的といえますね。

また断食中にお酒を飲むことやタバコを吸うなどの行為もご法度です。断食すると食べれないことから余計にストレスが高まり、ついついタバコに手が・・・なんてことにならないように注意したいですね。またストレスから頭痛、嘔吐、断食後の過食とリバウンドなどのデメリットもありますので、断食が自分にあった健康法か、十分慎重に考慮したいものです。

とにもかくにも断食の目的は健康増進です。一定期間断食して食物を入れることをやめると、今度は体内に蓄積していた栄養をエネルギー源とするようになり、そのエネルギーを枯渇させてしまうと今度は体に悪影響がでることになります。断食をする前にはしっかりと断食に伴うメリット・デメリットを把握した上で行うようにしてくださいね。

酵素を使ったダイエットも流行ってますね。ちょっとまとめてみました。
>>人気の酵素ドリンクを比較してみました。