りんごをつかった酵素ジュースの作り方

「酵素ダイエット」で一躍ブームになった酵素液。試してはみたいけれど高価だし、既製品は材料も不安、
青汁のように手作りしてみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。市販品のように何十種類もの野菜や果物を発酵させて作るのは難しいですが、りんごの酵素ジュースなら手軽に低コストで作ることができます。

材料にはノーワックスのりんご1、2個を使います。りんごは皮ごとすりおろし、同量の砂糖と混ぜ合わせて、煮沸消毒した保存容器へ入れます。そのまま蓋をして常温に置いておくだけ。自家製天然酵母をつくる行程とほぼ同じです。

容器は1日に1回蓋をあけて軽くふってやります。こうすることで空気にふれさせ、カビを予防するのです。できるまでの期間は季節によってかわりますが、およそ1週間くらい。ぷくぷく泡がでてきて、蓋を外すときにサイダーの瓶のように、プシュッと音がするようになれば出来上がりです。

沈殿しているりんごは好みで漉し、できた酵素ジュースは冷蔵庫で保管します。あまり発酵させすぎると酸っぱくなってしまうので注意しましょう。

酵素を使ったダイエットも流行ってますね。ちょっとまとめてみました。
>>人気の酵素ドリンクを比較してみました。