お米をたっぷり食べて痩せる「お米ダイエット」(30代女性)

十代の頃に極端な減食によるダイエットをしたことがあります。結果は1カ月で6キロ痩せましたが、はっきりいってやつれました。
髪はぼろぼろ、顔色は青白く、ちょっと歩いただけで疲れてしまいます。

その後、やけ食いなどを繰り返すようになり、みるみる間にダイエット以前よりもさらに太ってしまったので、このダイエットは失敗でした。
しかし、極端な食事制限はかならず最後には失敗するということを学ぶよい機会だったと思います。
この体験により食欲中枢は狂ってしまった感じがします。暴飲暴食は数年続きました。
こんな食事じゃいけない、ダメだと思いながら、ひどい食生活を送った数年感でした。

当時のあるとき、狂った食欲中枢はご飯(お米)をしっかり食べることで正常になるという情報を得ました。
「ごはんダイエット」「お米ダイエット」と呼ばれるもので、1回の食事にご飯山盛り2杯食べてもよいというものでした。おかずは少量です。
現代の「摂取すべき栄養素」という面では炭水化物ばかりに偏った食事となってしまいますが、お米ダイエットをしていると確かにおかずはあまり要らない気分になります。お米をたっぷり食べると、身体的にも精神的にも満たされるからでしょうか。
あれだけ忌避していた炭水化物ですが、お米たっぷり食べる生活をしばらく続けていたら、とくにダイエットをしていたつもりもないのに1カ月後には3キロ痩せていました。

酵素を使ったダイエットも流行ってますね。ちょっとまとめてみました。
>>人気の酵素ドリンクを比較してみました。